CADとは

 

近年、私たちの暮らしの中に、CADという言葉を耳にするようになりました。CADとは一体なんのことでしょう。これはcomputeraideddesignの略語で、コンピューターを使用した設計ツールという意味です。ひと昔前でしたら、製図を行うには人の手で描かれていたものですが、このCADが普及したことにより、製図の作成工程や編集作業が大幅に効率化しました。では、具体的にCADの利点を探ってみましょう。まずは手書きのように、線引きや文字を書くのに熟練の技術を要しないということです。文字書きや線を引くのが下手だからといって、作図に全く影響はないということです。図面は誰が見ても読みやすく見易いものでなくてはなりません。その点を安心して作図出来るのは大助かりでしょう。

それから、修正の手間が省けるという点です。紙に書いた場合のように消しゴムは必要ありませんので、図面は当然綺麗です。それからデータ管理の便利さも、紙で行う製図と比べると大きな長所でしょう。修正前と修正後のデータは両方残しておきたいものです。紙ですと消す前にコピーを取るなどしておく必要がありますが、CADでしたら使う側のテクニックでどのようにでも残せます。しかし気をつけねばならないのは、大事なデータを間違って消してしまうミスです。コンピューター任せですと、色々と便利な反面、うっかりミスから全てが水の泡ということになりかねませんので、慌てず丁寧に作業を行う必要があります。間違い箇所を訂正するにしても、印刷したものを修正して、データの方を直し忘れたということがあっては後々混乱を招いてしまいます。手書きに慣れた人がCADに移行する時には、特に気をつけねばならない点でしょう。

▽特選サイト
DWGファイルを利用する際に役立つAutoCADソフトです → → → AutoCADソフト

Copyright © 2014 CADの技術を身につける All Rights Reserved.